2010年05月03日

その痛みは芽を出すためにある

およそ2カ月ぶりの更新です。

更新を怠っていた間に色々ありました。

まず、私出世しました。
今まで名前だけのディレクターでしたが正式にディレクター権限をゲット。
名刺の肩書にも『ディレクター』と追加されました。

ただうちの会社の場合、ディレクターっていうのは役職ではなく係とか委員会みたいなものでDになったから給料が上がるわけではないのですが…

入社3年目、もはや新人ではないのでブログタイトルも新入社員の憂鬱を改め『WEBディレクターの憂鬱』に変更しました。
来年は『憂鬱』部分の方を変えられるように精進しましす。

そして。
2か月なぜ更新を怠っていたのかというと。
忙しかったからです。

まぁ、忙しいのはいつも忙しいのですが…
ここ数カ月は尋常でない磯がしだした…というのも毎回行っていますが毎回前回の忙しさを超える忙しさが襲ってくるのです。
どこかに私の人生を調整している神様がいて、徐々にレベルを上げていっているのでしょうか?

で、なぜ今回、こんなにも忙しかったのかというと。
後輩(1年目)がバッくれました。
1週間の無断欠勤。
理由:仕事が嫌になったから

まぁ、気持ちはわかります。
我々の仕事は非常にハードですから。
勤務時間が異常なのに残業代出ないし、基本給低いし。

でも、それが無断欠勤の理由にはならないのです。
嘘でもいいから風邪をひきましたとか、有給の申請とかすればいいのに。
もしくは、正直に『仕事がつらくなったので休業させてください』でも良いと思うのです。
何にも言わずに、連絡もつかず休むというのが許せないのです。

で、後輩の仕事をディレクターになって仕事が増えた私が一人で引き受けることに。

さらに許せないことにその新人、1週間後に何食わぬ顔で出社してきました。
『ご迷惑おかえしました、これから気持ちを入れなおして頑張りますのでよろしくお願いいたします』と。

さらに上司から『後輩君には別の仕事をあてるから、後輩君の仕事しばらく君がやって』と。
奴に仕事を振らないというのは、私も異存ありません。
無断欠勤するような奴に私の仕事は任せられない。

が、目の前でやる仕事がなく暇そうにしている奴の仕事をするために、私が毎日始発、終電もしくは泊まり、毎日の休日出勤を行わなければならないということが納得いきません。
2人分の仕事をしているのに1人分の給料しか出ないことに納得がいきません。

正社員は簡単に切れないとはいえ、1週間無断欠勤する奴は会社に必要でしょうか。
私のモチベーション下がりまくりなのですが、適切な処分を下してほしいものです。

これがエコバック型社員なのか…
カーリング世代の私が嘆いております。
今年は何型でしたっけ?


人気blogランキングへ
↑ご愛読誠にありがとうございました。お帰りの際よろしければ上のリンクをクリックして頂けますと今後の励みになりますので、よろしくお願い致します。
posted by ユエ at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | WEBディレクターの憂鬱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。